バーニャカウダ・ロサマリーナ3本セット

バーニャカウダ
ピエモンテ州の郷土料理で、「バーニャ=濡らす、カウダ=暖かい」。寒い冬、大量の野菜を食べるための北イタリアのソースとして日本でも有名です。
体を温めるニンニクとアンチョビをオリーブオイルで煮込んだソースですが、大分県でのニンニク栽培も実はとても盛ん。豊かな土壌で生産される美味しい野菜をたくさん食べて健康を手に入れてもらいたい。そんな思いをお届けします。
冬は専用のポットで温めながら野菜をつけていただきますが、冷たいままでもバーニャ・フレッド(フレッド=冷たい)として四季を通してお楽しみいただけます。


ロサマリーナ
南に位置するカラブリア州の郷土料理で、イワシの稚魚と大量の唐辛子、フェンネルなどを用いて熟成させた調味料。近年この地方でもイワシ稚魚の漁が制限されていますが、何とかこの郷土食文化を伝承していこうと頑張る人たちがいます。
唐辛子で有名なこの地方は、サラミもチーズもパンもパスタも、全部辛口。辛いもの大好きなシェフがカラブリア州クルコリ村で、おばあちゃんに教わった味を再現しました。カラブリアのおばあちゃん達に、大分の誇る辛〜い調味料「柚子胡椒」は、予想通り大好評でしたよ!
  • 4,082円(税302円)